So-net無料ブログ作成
検索選択
みんなのおうち ブログトップ

風景の一部です [みんなのおうち]

 

この連休中、家具屋さんに行く用事があった

椅子好きなので、色々と見て回る

 

イームズのこのシリーズが気に入ってるんです

別段ミッドセンチュリーにこだわりはないし

風景として馴染んでくれるものが好きなだけ

   

このウッドレッグのトラスがイイな~なんて思ったりして

ヒューマンサイズを離れ馴染まなくなるものが多い中

風景をデザインする時、結構ジャストサイズ

    

倅のお気に入りはスチールレッグのこのスタイルらしい

建築勉強をしていく中で気に入ったらしい

イームズもライトの弟子だし

椅子のデザイナーは殆どが建築家

風景の中の佇まいを考えるとそうなるか

 

大昔、ニュウヨークでシェイカーズファーニチャーを追っかけていたことがある

メトロポリタンなどにも何度も足を運び

シェイカー教団の末裔の人々の集会にも参加させていただいたり

その時思ったこと

椅子を気にする又は好きになるという事は

ある意味、生活の姿勢を正す

デザインがモノとコトのインターフェイスであるならば

風景としての成り立ちにも責任が生じる

デザインが良いのだけれども使い難いということは成り立たない

姿勢を律して、風景を構成する責任と

佇まいに対する明確な立体的なイメージの確立が必要なんだろうな~

偉そうな事を考えたりした

今でもモノを見る時の基本は、そんな個人的な風景論

 

随分と前だが、美容院の内装デザインを頼まれた時

メインイメージとして、マッキントッシュの

ラダーバックチェアをモチーフにしたことがある

      
          Hill House 1

もちろんモチーフとしてだけでなく

この椅子も購入してもらい全体を作り上げた

律をイメージとして使ったため

多少最初は使い方に手間取ったようだ

この経営者の次の店もデザインさせていただいたが

さすがに別のモチーフににした

マチエールは似てるんですけどね

あんなに使い難い店にしたのに

又やらせてくれたことに感謝ですけどね

 

話は戻って家具屋の話

学生の頃から気にかかり

いつかはこれを置く家に住むぞ~と思ってた椅子

コルビジェのLC2がそれですねん

今回かみさんも気に入ったみたい

もっともこれを入れる器がありませんけどね・・・未だに

凛とした風景に佇む姿の美しさを想像すると

このソファーのための家があっても良いのではと思ってしまう

1シーター、2シーターも在りますよ

兎に角、ズーットお気に入りなんです~

 

この連休

姿勢で思い出させる別の出来事もあった

成人式であ~る

会場整理でお手伝いさせていただいたが

新成人の心の姿勢の話ではないんです

女性の振袖、男性の紋付袴やスーツ

おしなべて体の姿勢が悪く、立ち振る舞いが美しくない

なんかとっても損してるよな~なんて思ってたりしたな~

でも凄いのが参加者数!

新成人の85%が参加ですって

私たちのときは50%前後の参加率で

どうすれば参加率を上げられるかなど

当時の新聞などに毎度毎度書かれていたのに

これといった騒ぎも無く無事終了

見た目はトッポクしてるが、意外とおとなしい

今日、他の市の人間と話す機会があった

「そちらの市の成人式は凄かったみたいですね」と言われた

ちょっと待ってくれよ

多少騒がしかったが、あんなに羊みたいな連中だよ~

いったい何処が凄かったんだろう??????

他の成人式がもっとおとなしかったら

そのほうがモット怖い!!!!

それじゃなくても世の中が・・・・・・

戦前の保守的な感じがして

ゾーッとして、ビクビクしているのに

 

 

 

 

 

 

 


みんなのおうち [みんなのおうち]

Internet Explorer7があまりにも調子が悪くて

Firefoxに変えたんです

するとエディター機能が全く使えない

HTMLももちろんだめ、リンクも貼れない、太字も使えない、

ここは思案のしどころか

そんなこんなの慌しい日々

日ごと寒さもつのり

日増しに乾燥していく空気に

パイプ用の刻みタバコもすっかり乾燥してしまう

これは、手間を惜しむ私の責任

立春までは気乗りがしない

これはブログの更新と訪問をサボっている言い訳

昨年は身内に不幸もあり

ツリーガーデンの建設もあり

やる気とやる気の無さとが拮抗し、躁鬱状態

年が明けて、ほとんど死に体の私ではありますが

急に思い立ったのです

この歳になりましたが

家でも建てようかと

もう一つ

昨年、勝手に結成された与太話の会「S.O.B.]

ここで始めた与太話「S.O.B.奇談」も

ほのぼのニュウヨーク編で第一部が終わってしまって、ホッポリッパナし

これの第二部も考え始めないとね

だいたいが途中で物語りも変わっちゃうし

ギャグお笑いで始めたものが、普通の与太話になっちゃうし

結構ブルーですよね

家を建てるぞ~と言っても

先立つものはゴク少量だし

与太話続けるぞ~と言っても

アイデアは涸れてるし

兎に角、暖かくなってからだな~

と、また日和っていくのだ~












みんなのおうち 2 [みんなのおうち]

突然、家を建てたいと思ったこと

以前の記事に書いたと思います

平屋が良いと言う意見、男性よりあり

実は私もそうなんですけど

現実的に私が住んでいる所で敷地が・・・・・

でもこの話、前記事書く前に、既に下記の様な会話がありまして・・・・・

 

思い立ったが吉日、知り合いの建築家に電話

PACE(以下P)「Yさ~ん、家建てたいんだけどさ~お金は無いけど~」

Y先生(以下Y)「それじゃ建ちませんけど、話は聞くよ~」

P「今さ急に思いたったんで、スケッチしたんだ~」

Y「OKそれ送ってよ、それと地籍図の図面。希望は?」

P「シンプルで、ローコストで、日はいっぱい入って、いちお子供たちも個室が欲しいだろうし、車は2台置けて、中庭あって、ETC.ETC.・・・・・で平屋ね」

Y「・・・・・・・・・・・」うんざりした様子

P「OK?]お気楽です

Y「兎に角送って」

暫くすると、図面を持ってやってきた

さすがプロです!2階はあるんだけどほぼ期待通りの図面かな~

あ~でも無い、こ~でも無いをして帰って行きました

あきれ返ったのか、暫く音信不通

連絡がありました!(ホッとする)

Y「模型作ったから持ってくヮ」

ワクワク・・・来週来るみたいです模型が

でも・・・・本当に作るとなると・・・・金策が

かみさんや子供たちも説得せにゃならんし

前途多難

私だけの思いでは・・・・・・建ちません




模型がやってきた [みんなのおうち]

1/100縮尺の模型がやってきた

全景がこれ。左側は後付けの駐車場部分

これの高さを稼いでキャットウォークにするという案

西からみた、いわゆる正面、ここは前が道路

南側、真ん中に中庭が見えます。こちら側も道路

東側、西側の2階部分が見えます

北側、偉そうに大きな駐車場

真上からの写真

南西からの俯瞰図

南側から中庭越しにリビングを見る

北側から中庭越しに子供部屋を見る

正面の中庭への入り口

中庭からリビングを見る

同じく子供部屋の方を見る

因みに子供部屋からリビングへは中庭を通らないと行けません

雨の日はトイレに行くにも傘が必要です

スマートを駐車場の入り口に置いてみた

中庭にもおいてみたりして(実際は階段あり)

駐車場の屋根とキャットウォークは余分としても

ちょっとイメージが煩雑でシンプルでない印象

4LDK+事務所の割にはちょっと仰々しい

子供部屋は4畳半(×2)ですし

リビングは大きな吹き抜けですけど

部屋数もこれで良いし、広さもだいたいこんなものでしょうし

ただ、全体をもっとシンプルにしたいもんだな~

ということで、今回の模型はボツになりそう

間取りはOKなので、屋根部分と全体のイメージ

街に置いたときの風景とかね

コンセプトは色気の無い倉庫ですけどね~


白模型その2 [みんなのおうち]

    前回の白模型が気に入らなかったお話は以前にしました

    その2が先週やってきました 

    

    白模型なのでやけに大きな家に見えます~

    実際に建ってしまうと(建てばね)小さく見えるはず

    

    キャットウォークはこの模型の半分ほど

    屋根が片流れに変更され、工場の様になって来ました

    

    基本的には2階に1部屋

    後は吹き抜けの平屋ですから案外狭い(天井高い)

    

    こう見ると・・・・でかい屋根!

    間取りは前回と同じですが

    駐車場の上の屋根が法規上大きすぎるようです

    この形でおおむねOKを出しましたので

    建蔽率の計算とか法規上の問題の解決

    モット大事な予算の問題に入ってきましたね~

    はたして・・・・・・我が家は本当に建つのか~

 

    今ここには多くの木が植わっています(多すぎですけど)

    このまま建設が始まると・・・・・・

  

    こんな梅も今年が見納めかもしれない

    出来たら、ツリーガーデンの端にでも移植したいもんだと思っています

  

    取りきれなかった柚子もいっぱいあったりして

    これは今でも鍋等にかつやくしていますけどね

    月桂樹の大きな木もあって、甘い香りがします

    木を切るのは、辛い選択

    切らずにツリーガーデンに移植できたら嬉しい

    

 


解体 [みんなのおうち]





  今年やろうとしていたこと

  その3つ目が始まった



IMGP3609.jpg



  それは終の棲家をこさえること

  先ずは築38年の家を解体するところから始まった

  私がこの家に住んだのは数年も無い

  外国に流れていき

  帰国してから結婚し別所帯

  この家で育ったわけではない

  それでも古家が解体されていくのには想うこともある

  私の思い出など染みついてはいないが

  長い時間ここには人の営みがあったのだから

  逝った親兄弟を送り出した家だしね

  彼岸が過ぎてもまだまだ暑い日が続く



nice!(34)  コメント(10) 

そして何もない [みんなのおうち]





IMGP3661.jpg



  全てが取り除かれて更地になった

  建てかたの一幕が降りて、次幕目が始まる

  過去が精算されたわけではないが

  起承転結の転が始まる

  極々個人的な物語

  10月初めには地鎮祭



  皆様には腰痛のご心配ありがとうございます

  2日間まったく動けず

  ようよう少し動けるようになってまいりました

  腰痛とは親友なのですが

  今回はちょっと酷いようです

  脊椎の古傷のため、元々左足は不自由なのですが

  不摂生とこのところの急な気候でちょっとダウンしたようです

  どうにか回復に向かっております

  お心遣いに感謝いたします




  

nice!(27)  コメント(8) 

かの地おさまる [みんなのおうち]

 



  とこしずめのまつり

  ようは地鎮祭のことなのね

  この場所を使わせていただくことの許しを得る



IMGP3682.jpg



  結構カラフルな供え物は木・火・土・金・水の五行の色か

  父が幾つか地鎮祭はやっているのだが

  無信心者の私はそっぽを向いていた

  自分が家を建てるときにはやるんだからね

  人間年取るとそんなモンよね

  建て方の職人さんの為にも

  勿論ここに住む私の為にもね

  

  家に帰ると、従兄弟から電話


IMGP3698.jpg


  落ち鮎を釣ってきたから取りに来いという

  雨が続いて型が悪いがおまえが鮎が好きなので用意したという

  偶然の電話なのだがうれしいものだ

  その夜は鮎で一献

  ようやく人心地ついた



IMGP3705.jpg


  翌日から工事はははじまる

  施主発注なので忙しくなるね

  腰痛もどうにか治まり

  図面とにらめっこ





nice!(28)  コメント(8) 

庵の基礎 [みんなのおうち]



  本人達は何度見ても楽しいが

  他人様は見ているとあくびが出たりするもの

  結婚式ビデオなどはその最たるもの

  同様に他人の家が出来るまでの写真もそうかもね

  

IMG_0088.jpg


  分かっちゃいるけど記録なので

  ユンボが入ってだいたいどんな所に家が建つのかが分かる



MSTO4100.jpg



  防湿シートが掛けられ配筋される



IMG_0163.jpg



  ベタ基礎のベースが出来上がった

  この後立ち上がり部分を造作

  更地になったときは結構広いと感じたが

  基礎を打って部屋の広さがわかってくると意外と狭い(笑)

  平屋なので基礎だけは一面に拡がってるけどね

  建材の高騰により当初の計画をだいぶ縮小

  広さはあまり変わらないのだが

  省くものは極力省く

  外装も内装もいたって簡素

  よくいえばシンプルね(笑)

  ミニマルな住環境といえばかっこいいね

  「住むことは冒険だ」が私の合い言葉

  倅もカミサンも冒険してまで住みたくないそうな

  雨露しのげるかは建ってみないとわからない

  雨の日にトイレ風呂に行くのに傘が必要の予定(笑)


  私は進行状況の写真を撮りに行くのだが

  カミサンは行かなくても状況をよく知っている

  そばをを散歩する方々が逐一報告してくれるそうな

  今から新築祝いの予定がイッパイ入っている

  人の家を肴に酒を飲みたいだけなんですけどね

  パーティー会場を建ててるんじゃないんだから

  そんなに大勢人は入れないんですけど・・・・

  私の・・・終の棲家の・・・庵(いおり)なんですけど・・・・・






  

  

nice!(24)  コメント(4) 

建前です [みんなのおうち]





  11月3日に棟上げが決まる

  10月末の季節外れの台風の豪雨

  基礎の中はまるでプール

  2日間で乾かし、土台の設置

小K7_M5624.jpg


  我が家はちょっと変わった工法を用いる

  特殊な金物で接続してピンを打って固定する



小IMG_0042.jpg


  床は根太(ねだ)を使わない

  その代わりに大引きを張り巡らせ合板を張り込む剛床構造

  大引きの交点には束、その数120

  施主施工も多いのが今回の我が家

  防蟻剤の塗布も私の仕事

  シックハウス症候群などでこれには賛否両論ある

  今回は私の独断で塗布

  私が大引きや束を入れ込んだ所も多いので

  住んでがたが来ても文句は自分持ち(笑)

  どうにか3日の棟上げが迎えられる



      小K7_M5648.jpg



  さては当日 快晴

  棟上げに集まった多くの建て方と重機(クレーン車ね)

  1本目の柱が立てられる

  私も一緒に柱を立てたり、梁を上げたり

  施主でこんな事をする人も珍しいのか

  材料屋さんは私のことを大工さんだと思っていたみたい(笑)



小K7_M5706.jpg



  最近では棟上げ後の宴会は敬遠されるようだ

  建て方も皆自動車で来るしね

  なのでお昼はちょっと奮発したお赤飯の弁当ね

  横浜崎陽軒のおこわ弁当が美味しい

  勿論シュウマイ付きね



小K7_M5714.jpg



  平屋なので仕事ははかどる

  中庭になる所に材料が積まれる

  さすがに2階3階の梁に登っての作業は私には出来かねる

  でも平屋ならけっこう上での作業も出来る



  夕方には屋根下地までの作業が終わる

  無事棟上げが終了した

  カミサンは棟上げと言ってもピンとこないようだった

  「私も早くから行っていないといけない?」などと言っていた

  無理矢理早朝から連れてきた

  何もない土台だけの処から

  1日で家の骨格が立ち上がるダイナミックさを見せたかった

  見ていて初めて私が言っていた意味が判ったようだ

  1日飽きずにながめていた



  私は「棟上げ」と言うより「建前」と言ったほうが馴染みが良い

  子供の頃からそういう名前で覚えてきた

  「本音と建前」という言葉は棟上げの故事から来ている

  その由来は知りたい方が調べていただくとして

  建前が無事終了して、本音で嬉しかったね(笑)





  

  

nice!(26)  コメント(12) 

96 degrees in the shade [みんなのおうち]

 

  夏になるとついつい口ずさんでしまう歌

  Third World の 96 degrees in the shade


  0.jpeg


  日陰でも96度

  日陰にいても本当に暑い


  こんな歌詞で始まる

  96度は華氏で摂氏では36度ぐらいか

  歌詞の内容は政治的なメッセイジが含まれたものだが

  暑い日にはこのポップな曲が頭の中で鳴り響く



  ちょっと前だが軽い熱中症になった

  からだがだるく、吐き気と頭痛

  酒がまったく飲みたくなくなるという異常事態(笑)

  2日間の休養でなんとか復帰(ビールが飲めるようになった・・・笑)

  昨年は摂氏50度以上の砂漠でバイクに乗っても大丈夫だった

  高温多湿の日本の夏を甘く見ていたね〜

  この夏はクーラーなどつけずに過ごそうと思っていたが

  さすがに休養中は涼しくした



  昨年10月頃我が家の建前のことを書いた

  今年6月には無事住まうこととなった

  風通しの良い家だと思って

  全ての窓を開け放して住んでいた

  今、部屋の中は気温33度湿度66パーセント

  体調を崩してから全ての部屋に温湿度計をおいたのだよ(笑)

  懲りずに、やはり冷房は切ってあるのだがね(笑)



1.jpg


  中庭にあたる直射はさすがに暑すぎるのでシェイドをかけた

  日が落ちてからここでビールをあおるのは最高なのだが

  日中はとにかく暑かった〜


2.jpg


  左側がシェイド無し、右のちょっと濃い場所がシェイドで日差しを遮ったところ

  タイルにさわってみてもあきらかに温度が違う

  高い位置にポリカーボネイトの折板で屋根があるので紫外線はそこそこ遮蔽



3.jpg


  効果のほどは

  この野外用のアルミの椅子

  シェイドを付ける前はに日中熱くて座れなかった

  透過率50パーセントで普通に座ることができる

  
  窓を開け放ち

  サーキュレーターで熱気を追い出し

  この夏を乗り切るしかないね



  前回の素描集

  高そ〜という書き込み

  確かに出版された当初は非常に高価であった

  古本屋を探すとこなれた価格で入手できる

  美術専門ではない古書店でみつけるのがベターかしらん

  夏の間は自分の汗が気になってなかなか開くことも少ない(笑)









  

  

  

  

  

  

nice!(56)  コメント(10) 

リンゴは虹色 [みんなのおうち]


 
  和室で使う小さめの座卓を探していた
 
  1枚の板をただ置いただけが理想
 
  ネットで調べたりしていたがイメージがわかない
 
  それほど遠くない場所に銘木屋さんがある
 
  ちょっとのぞいてみた
 
  何百万円もするような立派な板が並んでいる
 
  製材されて何年も何十年も経った木々たち 
 
  そんな中でも端材のような板もある
 
  「これは幾らぐらいですか?」などと店主に聞くのは端材の値段
 
 
 
IMG_1304.jpg
 
 
  3センチ厚のちょうど良い端材
 
  実際に材料として使ったら美味しいところは少ない
 
  ミミも残してそのまま使えば大きく使える
 
  とはいっても元々が小さなチーク材
 
  ミミをヤスリで磨ききれいにする
 
  ドリルの先に紙やすりが束になったようなものを取り付けて磨く
 
  割れ止めの塗られた表面はまだまだこれから
 
  友人からベルトサンダーを借りて磨く予定
 
 
 
    M7LM2716.jpg
 
 
  和室に入れてみた
 
  広いところで幅43cm狭い方は40cm長さ110cm
 
  10cmほどの脚の上に乗せてみた
 
  たぶん正月ぐらいしか使わない座卓
 
  4寸角角材を脚に使えば十分かしらん
 
 
 
M7LM2717.jpg
 
 
  ミミの部分もそれほど綺麗ではないが
 
  野趣があって良いと自画自賛(笑)
 
 
 
M7LM2704.jpg
 
 
  北海道の友人から送られて来たメロンをいただく
 
  大玉の甘いメロンはジャックダニエルのお伴
 
 
 
M7LM2706.jpg
 
 
  この瑞々しい夏の甘さ
 
  本来ならばブランディーを合わすものだろうが
 
  ちょっと甘めのテネシーウヰスキーが好きだ
 
 
 
M7LM2684.jpg
 
 
  キッチンに備えた天窓から光がおちる
 
  テーブルの上のマックに虹が架かる
 
  一昔前、マックのリンゴは虹色のリンゴだったのを思い出した
 
 
 
 
 
 
   

nice!(59)  コメント(13) 

内が外で外は内 [みんなのおうち]


 
 
  私が家を建てようと思った数年前
 
  希望したのは境目の無い家
 
  中庭があり、それはリビングの続きであったり
 
  寝室の続きであったり、こども部屋の続きであったり
 
  全ての部屋は廊下で繋がれているのではなく
 
  中庭が廊下でもあり各部屋の出入り口でもあり玄関でもある
 
  快適だと思う人には快適
 
  嫌だと思う人には住みづらい家に思えるらしい
 
  
th_IMG_1357.jpg
 
 
  そんな中庭を洗うために高圧洗浄機を購入
 
  トイレに行くにも風呂に行くにも
 
  ペタペタとここを通らないといけないので
 
  しっかり汚れを落とさないとね
 
 
 
th_IMG_1358.jpg 
 
 
  それにしても高圧洗浄機は安くなったものだ
 
  塗装屋さんが使っていたエンジン付きのものや
 
  車の洗車場ぐらいしか普通には見かけなかったものなのに
 
  
 
th_IMG_1359.jpg 
 
 
  スキージでタイルの表面の水を拭い取れば
 
  目地は自然乾燥でOK
 
  リビングをまるまる水洗いできる快感(笑)
 
 
 
th_IMG_1361.jpg
 
 
  夜半にこの地でも大雨警報が出されたようだ
 
  内でもあり外でもある中庭は
 
  簡単な屋根は付いているのだが 
 
  傘無くしてはトイレにも行けなければ水を飲むことも出来ない
 
  部屋に入るときは足を拭わなければならない
 
  しかし、雨に濡れるのは雨が降ったときだけですから
 
 
 
 
 
   
 
   

nice!(58)  コメント(15) 
みんなのおうち ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。