So-net無料ブログ作成
SOBラヂオドラマ等 ブログトップ

SOB奇談 其の1 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラヂオドラマ第1回

 

ディープサウス、昔そこは黒人の血と汗の染み込んだ土地
砂埃の舞う土の道、街灯もない真暗な道を行くとそのジュークジョイントはあった

扉を開けると、一斉に黄ばんだ多くの目が僕を見た
東洋人など滅多に訪れない店だ
すぐに僕への興味を失い、皆の目はステージに戻る

ステージには ivann&tecchin
インドネシア訛りと河内三河訛りの英語でブルースをやっていた

  SOBなんて誰も知らなかった頃の話

続きを読む


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(10) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の2 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラヂオドラマ第2回

 

あくる日は、良い天気だったのをよく覚えている
といっても、起き出したのは、昼だったが


                                 東京です

続きを読む


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の3 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラジオドラマ第3回

 

血だらけのイヴァンからポールに視線を移した
彼は両手を広げて肩を持ち上げる素振りをした

「何で僕を呼んだんだい」
まったく何で僕がここに居なくちゃいけないんだい
トラブルはごめんだ、ビザの滞在期限はとうに過ぎているんだから
「同じアジア人だ」 ポールは言った
同じアジア人と言ったって、カナダとブラジルぐらい離れてるよ
何度彼に言っても答えは同じ
「同じアジア人だ」

続きを読む


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の4 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラヂオドラマ第4回

 

「だれだい」
僕はそこに人がいる事なんかまったく気付かなかったんだ
「日本語で言えよ。おみゃあと同じ日本人だ」
彼は奥の椅子から動かずに言った

続きを読む


nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の5 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラヂオドラマ第5回

 

使い終わったコンドームの様な格好をしたマンハッタン
ハウストンストリートから北は東西に走る道を1st ストリートから順番に番号が増えていく。
日本では丁目と呼ぶ。
南北に走る道がアヴェニュウ。これは1番街、2番街などという。
5番街は日本でも有名だろう。
5番街の東57丁目、ティファニーがあるところだ
下の膨らんだ辺りからは、道も順番どうりではなくなる
アヴェニュウA,B,Cは東に膨らんだところ
NYに永く住んでいても、行った事が無い人間がほとんどだろう

ポールの店を出ると1stアヴェニュウを渡り、10丁目を東に行く
「僕はpaceだ、君は」
「日本語の名前無いのかよ」
「tecchinだ」
「アメリカ人には発音しにくい名前だね」

「いちいち煩い野郎だなtecchinはtecchinだよ」
どうやらだいぶ嫌われたようだね
まったく、なんでこんな明け方こんな事をしてるんだろう

続きを読む


nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の6 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラヂオドラマ 第6回

 

バワリーストリートが回り込んでモットストリートと交差する所でタクシーを降りた
イヴァンには、ポールの店にあったトラウザースとジャケットを着せてある
さすがに、この場に及んではイヴァンも素直に従った

朝早く、外気温の低い時は、歩道の排水溝の間から盛大に湯気が上がっている。寒いのは苦手だが、この光景はNYの冬の風景、気に入っている。

続きを読む


nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の7 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラヂオドラマ第7回

 

教授は店の入り口を見て
「ちょっと待ってて」と言って席を立った

20程の大小のテーブル席があり、入り口に7メートルぐらいのカウンターがある。普段はカウンターでも食事をしたり、コーヒーを飲んだり出来るが
週末は飲茶をテークアウトする人々でごった返している。


                          Soraさんの「ブルースな空」

そこに、制服の警官がいた

続きを読む


nice!(10)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の8 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラジオドラマ第8回

 

「pace,pace 」
イヴァンが肩をゆすって僕を起こしている
「アトランティックシティーに着くぜ」
僕はバスの前の方へ行って、運転手にカジノに行く前にバスステーションで下ろしてくれるように頼んだ

広いステーションだが今は人が居なくがらんとしている
バスはカジノへ横付けされる
バスステーションで降りる人間は居ない
こんな朝にここに居るのは、食い詰めた宿無しか負けて帰る文無しだけだ
何に負けたのかは・・・・・人それぞれだが

続きを読む


nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の9 [SOBラヂオドラマ等]

 連続ラヂオドラマ第9回

 

NYにもどった僕の生活はいつもどうりの平凡な生活に戻った
猫のジャニスはまだ部屋に居て、くしゃみは止まらないが

大嫌いなクリスマスとニュウイヤーはチャイナタウンで過ごした
旧正月で新年を祝う中国人には新年もただの休日だから

2月になって後期の授業料を払いに久しぶりに学校へ行く
いちお、僕も学生をしているんだ
ミッドタウンのアートスクールに籍をおいている
観光ビザから留学ビザへの書き換えはやっては居ないが

続きを読む


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の10 [SOBラヂオドラマ等]

 連続ラヂオドラマ第10回

 

社長は続けた
「金曜日に移民局のガサ入れがある」
要は、移民局の査察があり不法労働者の検挙である

レストランには年に1-2回あるが
リムジン会社(ハイヤー会社みたいなもんだ)じゃ珍しい
弁護士なんかと縁が無い人間ばかりだ
1日ブタ箱に入って、翌日の飛行機で帰国になる 
もちろん飛行機代は自前だ
あとで飛行機会社から請求書が届く
それも、乗ったことが無いような金額の正規運賃で


続きを読む


nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の11 [SOBラヂオドラマ等]

連続ラヂオドラマ第11回

 

部屋に入った僕は、クローゼットの中、ベッドの下を覗いた
まだ賊が室内にいて、殺されるのは、よくある話だ

誰もいないのを確認して、ルーシーを呼んだ
「あんまり変わってないじゃない」
開口一番のルーシーの言葉だ

僕の部屋はステゥーディオと言ってワンルームの部屋だ
もともと家具らしいものと言えば、ベッドとイス、テーブルぐらい
クローゼットと冷蔵庫は備え付けだし
電化製品はラジカセがあっただけの部屋だが
ラジカセは床の上で踏み潰され、ベッドはスプリングが出ていた

続きを読む


nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SOB奇談 其の12 [SOBラヂオドラマ等]

「pace ルーシーから電話だ」
カウンターの中からポールが言った・・・・・・前回からのつづき

連続ラジオドラマ第12回

 

ポールは、コードを引きずりながら電話機を、僕の手元まで持ってきた

「僕だよ。良くここが分かったね」
「他に行く所ある?」
そのとうりだ、だけど殴られた事までは知らないだろう
「pace の部屋の事、教授に話しておいたの、そうしたら直ぐに来れるかって、今電話があったわ、つかまったらと言っておいたけどどうする?」
「OK行くよ。教授の店で良いのかい」
「イーストのアッパーみたい、もう1度電話する」
ルーシーからの電話は切れた

続きを読む


nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
SOBラヂオドラマ等 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。